これからどうやって介護保険料を支払っていけば良い!?

それでは、どうやって介護保険料を支払っていけば良いのでしょう!?(汗)そう言われています。
<第1号被保険者の場合>第1号被保険者(65歳以上かつ年金受給者)の場合ですと、年金を月額15,000円以上受給している場合がありますよね。
この場合は、年金から天引きされます。
ですから、その分の年金受給額が減ることになります。
(汗)ですから、そこで支払うようになります。
また65歳以上の人は、扶養に入っていても介護保険料は支払わなければいけません。
<会社員・公務員の場合>所謂正社員のサラリーマンの場合は、第2号被保険者(40~64歳)の人は、給料から直接介護保険料が支払われています。
社会保険料と同じです。
事業主が介護保険料の半分を負担する形になりますね。
<自営業者の場合>社会保険に加入していない自営業者で第2号被保険者(40歳~64歳)の人は、国民健康保険料に上乗せされて請求がきます。
それで一括で支払う様な形になります。
<専業主婦の場合>第2号被保険者(40歳~64歳)の方で旦那さんが会社員、公務員などの社会保険に加入しているサラリーマンで旦那さんの扶養に入っている場合ですが、本人が介護保険料を支払う必要はありませんよ。
旦那さんが国民健康保険加入の自営業者で扶養に入っている場合においては、国民健康保険料に上乗せされて請求がきます。
そこで介護保険料を支払うようになります。
保険入るなら貯金したほうがいい?自家保険!【生命保険必要ないの?】